インテリア

デザイン性と機能性のバランス|学習机選びのコツ

勉強しやすい机

家具のミニチュア

子供の学習意欲がかけている原因は、いくつかあげられますがその中には、学習机の使いにくさが関係していることもあります。子供の学習意欲を高めるためにも、今一度確認してみましょう。まず、確認すべきポイントは、学習机の広さにあります。机の作業スペースが十分に確保されているのか、子供を座らせて確認してみましょう。その時に、窮屈な印象に感じたら改善が必要になってくるかもしれません。不要なインテリアは取り除き、十分なスペースを確保してあげましょう。次に確認すべきポイントは、椅子と学習机の高さがそろっているかどうかです。子供が座った時に、作業スペースから遠すぎると、姿勢を保つことが難しくなり、集中力がかけてしまいます。椅子は成長に合わせて買い替えるか、最初から調整できるタイプを購入しておきましょう。

習机が子供にあっているか、確認する時は子供の利き手も考慮して選ぶことが大事です。国内で販売されている学習机の多くは、右利きが前提となって設計されていることが多いのですが、最近では自由自在にアレンジできる設計となっています。この点を考慮して学習環境を整えてあげましょう。

ノートを2冊程度広げてみて、作業スペースの広さを確認すると子供に適した大きさが分かります。また、成長と共に教科書や道具も増えてくることが予想されるので、あらかじめ収納スペースの容量が多いものを選んで購入することも大事です。あとから付け足す場合は、子供と一緒に相談して選びましょう。